お問い合わせ・資料請求
木のぬくもりが建築を変える。人にも、環境にも、優しい建物

木のぬくもりが建築を変える。
人にも、環境にも、優しい建物

CLT Changes Architecture

CLTとは

CLTは、世界で急速な広がりを見せる、
まったく新しい木質構造です。

CLTは、1990年代中頃からオーストリアを中心として発展してきた新しい木質構造用の材料です。現在では、オーストリアだけでなくヨーロッパ各国でも様々な建築物に利用されており、また北米地方やオセアニア地方でも規格作りや工場生産がスタートするなど、CLTの利用が世界各国で急速な広がりを見せています。日本でも木造在来工法、鉄骨造、RC造に替わる新しい構造体として注目を浴びており、国産材の有効活用の切り札として、官民一体となって急速な発展を遂げている、新しい建築材料です。日本でも、CLTを利用した建物の建築は、近年急増しています。毎年着実に市場が拡大しつつある傾向が見て取れ、特に直近の伸びが大きくなっています。
日本でも広がりを見せるCLTの建築事例

日本でも広がりを見せる
CLTの建築事例

一般建築
新しい取り組み

期待の星CLTって何?
池上さんがSDGsを解説

CLT建築の8つのメリット

優れた耐震性能
優れた断熱性能
優れた耐火性能
短い建築工期
企業ブランディング
短い償却期間
部材の再利用可
地盤改良工事コスト削減

01優れた耐震性能

分厚いパネル全体で構造を支えるため、安定した建物が建てられます。振動台実験による性能検証が行われましたが、阪神・淡路大震災を再現した揺れに対しても大きな損傷はなく倒壊することもありませんでした。

02優れた断熱性能

木材はコンクリートに比べて10倍、鉄と比べると400倍以上もの高い断熱性能を持っています。CLTは厚みを持った材料なので、一般的な木造建築以上に、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境を実現できます。

03優れた耐火性能

火災時は、表面に炭化層を形成しながらゆっくりと燃えることが実験により確認されています。比較的燃え進みが速いスギでも1時間の火災を想定しても60mm程度しか燃え進みません。

04短い建築工期

工場での加工度が高いので、建て方作業の短縮が可能です。約1,000㎡の社員寮の建て方作業が、9日間で完了した実績もあります。

05企業ブランディング

環境に配慮したエコロジカルな建築手法なので、メディアに取り上げられやすく、企業イメージが向上し、ブランディングに寄与します。

06短い償却期間

収益物件の提案は償却期間が短いと借入期間も短いので不向きですが、企業様にとって利益の節税対策としてメリットがあります。

07部材の再利用が可能

建物を解体する際、廃材処理において木材であることから、部材・燃料としての再利用が可能で、解体コストを格段に抑えられます。新築工事から解体工事までトータルコストで価値があります。

08地盤改良工事コスト
が少ない

CLT建物は、建物自体が軽量となり、地盤改良工事の作業とコストを減少させることができます。

CLTで日本創生

国策としてのCLT
(日本CLT協会HPより)

石破氏が語る「新材と地方創生」

内閣官房によるCLT活用促進

政府一元窓口

15分で分かるCLTのABC

~特徴・使い方・支援策などを紹介~

“15分で分かるCLT”のA

“15分で分かるCLT”のA

“15分で分かるCLT”のB

“15分で分かるCLT”のB

“15分で分かるCLT”のC

“15分で分かるCLT”のC

九州のCLT建築に関する
お問い合わせ

必須印の入力は必須です。
必要事項の記入漏れがありますと、送信できませんのでご注意ください。

    お名前必須

    フリガナ任意

    郵便番号必須

    ご住所必須

    電話番号必須

    メールアドレス必須

    ご質問やご要望など
    ありましたらご記入ください任意

    必須送信確認

    個人情報の取り扱いについて

    お問い合わせいただく内容及びお客様の個人情報は、ご相談やご質問に対して回答、連絡、対応をさせて頂く目的以外では利用いたしません。
    プライバシーポリシー」に同意の上、送信してください。